株式会社DS Management & Agency

BusinessContents

ポートフォリオ マネジメント・ファシリティ マネジメント

 

個人の現物不動産投資は税務会計上では事業扱いとなります。

特にオンバランスで保有する場合には、物件選定にはじまり資金計画・運用プランなど
全てのケースにおいて投資家様のバランスシート(BS)を基に考える必要があります。

BSが異なる投資家様であれば当然運用プランも変わってきます。


また、投資スタンスによっても大きく異なってきます。

従いまして、物件選定・資金計画・運用方法など、
自身のBSを常に意識しながら全体像の中でのアクションが必要となります。
物件単体での試算は勿論必要ですが、果たしてご自身のBSに適しているのでしょうか。

 

弊社では投資家様のポートフォリオを最大限有効なものとして頂けるよう、
BSを基本として税務会計を加味したポートフォリオマネジメントをご提供させて頂きます。
税務に関しましては、弊社の顧問税理士と連携を取り万全の態勢でサポートさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロパティ  マネジメント(PM) ・ リーシング マネジメント(LM)

  • プロパティ  マネジメント(PM)

現在の不動産投資で最も重要視されるべきなのは、PM能力ではないでしょうか。
競合物件がひしめき合い、トレンドの移行スパンが短くなっている
昨今の賃貸市場・収益還元評価が広まりつつある不動産投資市場において、
運用期中の重要課題の一つに挙げられているのがPMです。


支出を抑えて高稼働率を維持するのは勿論ですが、
テナント管理(良好関係の維持)やバリューアップなどを積極的に行う事で、
物件価値の維持向上を常に意識する必要があります。

 

弊社では、これまでの固定概念にとらわれない独自のノウハウで、
『物件価値の維持向上』をテーマとしたPM事業をご提案致しております。

全国対応可能ですので、『今の管理会社さんは良いけど、何か物足りない』
『管理は丁寧だけど積極性がない』・『受身ばかりで提案してくれない』などなど、
ご自身の時間を割かず支出削減収益・物件価値向上したい投資家様のご期待にお応え致します。

 

 

  • リーシング マネジメント(LM)

大切な自己資産であるアパート・マンションの価値・収益力を最大化する為には、
テナントリーシングの円滑化が必要不可欠です。

 

高収益の維持・確保を望む投資家様、

管理受託物件のリーシングが進まない管理会社様のパートナーとなり、
弊社独自のノウハウで募集条件の見直しから

顧客・エリアのターゲティング・物件広告やアプローチ方法など、
不動産業者の型にとらわれない多角面からの視点により、

物件ごとのベストプランをご提案致します。

 

また投資家様のエージェントとして、より視野の広いリーシング業務をご提案・実行も可能です。
詳細のスキームは個別対応致しますので、先ずはご相談下さい。

 

 

 

 

 

ファイナンス アレンジ・エージェント業務

  • ファイナンス アレンジ

不動産投資のメリットの一つでもあり、昨今の重要課題の一つである資金調達。
しかし、計画を誤ると一番恐ろしいのも実は資金調達です。

 

『投資・運用によりキャッシュを得る』という目的が、
いつしか『物件を購入する』という目的に変わってしまい、
運用プランを軽視した資金調達やイリーガルな調達方法で

その場しのぎの資金調達をしてしまい、気づいた時には・・・。

 

そんな事がないように、しっかりとした運用プランに基づいた資金調達こそが、

実は投資目的達成への重要ポイントです。

弊社では、投資家様の試算背景・運用目的に基づき、資金計画を加味したベストプランを作成し、
積算評価・収益還元評価・実勢価格・運用計画・BSを駆使した

独自の理論によるファイナンスアレンジをご提供致します。


 

  • エージェント業務

弊社では、投資家様の如何なるニーズにも対応し、

より円滑な運用が行えるようエージェント業務を行っています。

『管理会社からリフォームの提案をされたけど判断しきれない』

『何社か相見積を取りたい』・『物件に最適なバリューアップをしたい』

『管理会社、仲介業者との交渉で言いたい事が言えない』
『物件を探したいけど時間がない』などなど、投資家様の小さな悩みから大きな悩みまで、
投資家様の意向を最大限実現させるため、投資家様の代わりに業務を遂行致します。